グレムリン【ホラー映画レビュー】

ホラー映画『グレムリン』

概要

1984年に公開されたアメリカの映画です。ジャンルは、SFコメディ+ちょっぴりスプラッター描写がある感じ。監督はホラーをよく撮るジョー・ダンテ氏で、製作には、スティーヴン・スピルバーグ氏も携わっています。

ザック・ギャリガン
 
フィービー・ケイツ
 
ホイト・アクストン
 
フランシス・リー・マッケイン
 
ポリー・ホリデイ
 
監督:ジョー・ダンテ
 
脚本:クリス・コロンバス
 
製作:マイケル・フィネル
 
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ
 
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
 
撮影:ジョン・ホラ
 
編集:ティナ・ハーシュ

 

あらすじ

 父親からクリスマスプレゼントで、謎の生物「モグワイ」をプレゼントされる主人公。主人公は父親から、「モグワイ」を育てるには、3つの約束を守らなければならないと教えられる・・・ 

ネタバレなしレビュー

 『グレムリン』はホラー映画なのか? と思うホラー好きの方もいるかもしれません。しかし、幼少期にこの映画を観てトラウマになったという人の話も聞きますので、この映画はホラーのジャンルに含めて良いと思います。改めて観ると、結構過激な描写ありますもんね(笑)

クリスマスが舞台の映画なので、クリスマスに観たい映画ランキングとかで、『グレムリン』はランクインしていたり、していなかったりします。個人的には、中学生以上なら老若男女楽しめるハートフルな作品だと思います。カップルで観てもいいですね。ちなみに、『グレムリン』が直近で放送されたのは約7年前で、テレビ東京の午後のロードショーで再放送があったみたいです。

この映画の最大の魅力は、ギズモ(命名されたモグワイの名前)の可愛さです! 動き、表情、声、すべてが愛おしいです。ホラー映画としての魅力は、やっぱりスプラッター描写と敵が暴れまわるシーン。こいつらこんな事するのかっていう、いたずらのバリエーションとSFXの相性が抜群です。ネタバレになってしまうので何の敵と戦うかは言えませんが、派手さとワクワク感の演出は今観ても色褪せません。母親が敵と戦うシーンも、見所のひとつです!

クリスマス映画の選択肢に、ぜひ

外部サイトで情報を探す 

グレムリン [Blu-ray]

グレムリン - 作品 - Yahoo!映画

グレムリン : 作品情報 - 映画.com

グレムリン (映画) - Wikipedia